【なんで無料?】ウォーターサーバーのレンタル料が無料のからくりを解説!

【なんで無料?】ウォーターサーバーのレンタル料が無料のからくりを解説!

各メーカーのウォーターサーバーの料金をチェックすると、意外にもレンタル料無料で利用できるウォーターサーバーが多いです。

利用する側からすれば月額料金を抑えられるため、嬉しいポイントですが、なぜレンタル料がかからないのか不思議ですよね。

メーカーごとにレンタル料が無料・有料と様々なので、無料のメーカーはどのようなからくりがあるのか疑問に感じるでしょう。

そこでこの記事では、レンタル料が無料のからくりを解明していきます。

疑問に感じている人は、ぜひチェックしてみて下さいね。

この記事でわかること

  • サーバーレンタル料無料のからくり
  • ウォーターサーバーでレンタル料以外に発生する料金
  • レンタル代が無料のウォーターサーバー

レンタル料無料のからくりは水代に上乗せされているため!

サーバーのレンタル料がかからないのは、特別なからくりがあるわけではなく、月々の水代にレンタル料が含まれているためです。

レンタル代として明記されているわけではありませんが、水代の中にレンタル代を含んでいるので、レンタル料がかかっていないのです。

メーカーはレンタル料無料をポイントにして、月額料金の安さを売りにしているのです。

ただ、無料なのはレンタル代だけでその他の水代などは有料なのであらかじめ理解しておいてくださいね。

レンタル料がかかるメーカーもある

レンタル料無料のメーカーがほとんどですが、中にはレンタル料が発生するメーカーもあります。

レンタル料有料のウォーターサーバーは下記のような特徴があります。

  • おしゃれなデザイン性
  • 様々な機能を搭載している

おしゃれで様々な機能を搭載しているウォーターサーバーは、レンタル料がかかると考えておきましょう。

レンタル料以外に発生するウォーターサーバーの主な料金

ウォーターサーバーを利用していく上ではレンタル代以外にも様々な料金がかかります。

料金体系が少々複雑なメーカーも多く実際に利用し始めてから「意外と高い…。」と後悔してしまうことも。

そこでここからはウォーターサーバーを利用する上で発生する料金について紹介していきます。

  • 初期費用
  • 水代
  • 電気代
  • 水の配送費
  • 解約金

初期費用

初期費用はウォーターサーバーを導入する初月に発生する料金のことです。

ほとんどのメーカーが初期費用無料としているものの、いくつかのメーカーでは初期費用がかかるので申し込む前にチェックしておきましょう。

水代

ウォーターサーバーの月額料金で大部分を占めるのは水代です。

水の種類やメーカーによって価格は異なりますが、ボトル1本あたりの水代は1,200円~2,000円程度です。

1回の配送はボトル2本~でひと月あたり1回の配送となるため、おおよそ3,000円~4,000円がひと月あたりの料金の目安となります。

メーカーによっては注文ノルマが設定されておらず、必要に応じて注文できるので、ライフスタイルに応じて注文する水の量を調整するのが重要です。

電気代

ウォーターサーバーはコンセントに繋げて利用するため、他の家電と同じように電気代がかかります。

ウォーターサーバーの性能や利用環境によって異なりますが、300円~1000円と言ったところ。

少しでも電気代を安く済ませたいと考えている人は、省エネ機能を搭載しているウォーターサーバーがおすすめです。

省エネ機能が付いているサーバーでは、利用していない時間帯にお湯の温度を自動的に下げて、無駄な電力の消費を防ぐことができます。

僅かな金額ですが、長期的に考えればかなり高額になるので、注意しておきましょう。

水の配送代

ウォーターサーバーは水のボトルを自宅まで配送してくれるので、送られてくるたびに配送料がかかります。

住んでいる地域やメーカーによっても異なりますが、おおよそ500円といったところ。

関東などの首都圏は配送料がかからないケースが多いものの、地方の場合は配送料がかかってしまう場合があります。

中には配送料がかからないメーカーもあるので、節約したい人はボトルの配送料がかからないメーカーを選びましょう。

解約金

ウォーターサーバーには利用期間が定められており、期間を満了しない状態で解約すると違約金がかかります。

解約金や利用期間はまちまちですが、利用期間は1年~2年で解約金は10,000円~20,000円が平均的です。

解約するだけでかなりの支出になってしまうので、興味があるメーカーでどのくらいの解約金がかかるのかチェックしておきましょう。

サーバーのレンタル代が無料のメーカー一覧

メーカー/機種 レンタル料 注文ノルマ 月額費用(24Lあたり)
コスモウォーター|スマートプラス 0円 あり
(1ヶ月最低2本24Lから)
4,104円~
信濃湧水|スタンダードサーバー 0円 なし 3,240円~
プレミアムウォーター|スリムサーバーⅢ 0円 あり
(1ヶ月最低2本24Lから)
3,974円~
アクアクララ|アクアスリム 0円 なし 3,908円~
クリクラ|FIt 0円 あり
(3ヶ月に6本の注文から)
3,380円~
フレシャス|slat 0円
※前月の注文本数が2箱以下の場合は有料(990円税込)
あり
(1ヶ月最低2本18.6Lから)
4,244円~

レンタル料無料のおすすめウォーターサーバー4選

ここからはサーバーレンタル料無料のおすすめウォーターサーバーを紹介していきます。

ランニングコストをぐっと抑えられるので、できるだけ安く利用したい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

プレミアムウォーター|スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ

プレミアムウォーターのスリムサーバーⅢは名前の通りスリムな作りが特徴で、レンタル料無料で楽しめるお得なウォーターサーバーです。

床置きのロングタイプと卓上に設置できるコンパクトなショートの2タイプを展開しており、ライフスタイルに合わせて選べます。

温水タンクの保温性を高め、光センサーによって消費電力を抑える機能が搭載されているので、消費電力を削減して電気代を安くできます。

月々に発生する料金は水代だけでその他の費用は一切かからないのでコスパの高さが光ります。

コスモウォーター|smartプラス

コスモウォーター

コスモウォーターのsmartプラスは足元部分にボトル差し込み口があるので、カンタンにボトル交換できるのが特徴です。

ホワイト・ブラック・ピンク・ウッド・ライトウッドの5色展開で、ナチュラルテイストでどんな部屋にも馴染むデザイン性の髙さも光ります。

使い勝手の良さとデザイン性が評価され、過去にはグッドデザイン賞を受賞している実績も。

独自開発のクリーン機能や省エネ機能など搭載されている機能も豊富なので、スペックの高いウォーターサーバーと言えます。

信濃湧水|スタンダードサーバー

信濃湧水|スタンダードサーバー

信濃湧水は北アルプスで採水した天然水を使用しており、数ある天然水ウォーターサーバーの中でトップクラスの安さを誇ります。

天然水を楽しめるウォーターサーバーは月額おおよそ4,000円程度かかるところを、信濃湧水では3,240円(税込)~で楽しめます。

サーバーレンタル料も一切かからずに水代だけのお得な料金で利用できるのが魅力です。

ワンウェイウォーター|Acro

ワンウェイウォーターAcroのお掃除ロボの性能

ワンウェイウォーターのAcroという機種はウォーターサーバーと自動掃除機が一体となった画期的な一台です。

レンタル料無料でウォーターサーバーと自動掃除機を利用できるので、余計な費用が一切かからずとてもお得。

自動掃除機はウォーターサーバーの下部に収納される仕組みになっているので、設置スペースの削減にもつながります。

また、天然水とRO水の2つの水を楽しめるので、ライフスタイルに合わせて選べるのも大きな魅力と言えます。

レンタル料無料のウォーターサーバーを利用しよう!

この記事のまとめ

  • 無料のからくりはレンタル料が水代に含まれているため
  • ウォーターサーバーはレンタル料以外にも様々な料金が発生する