白湯で花粉症対策をしよう!効果的な飲み方とは?

白湯で花粉症対策をしよう!効果的な飲み方とは?

国民の4人に1人が花粉症だと言われています。

春頃になると、鼻水や目のかゆみに悩まされる方は多いでしょう。

そんな花粉症で困っている方の強い味方となるのが白湯です。

今回は、白湯による花粉症対策の方法と、効果的な飲み方について紹介していきます。

白湯とは水を沸騰させたもの

白湯とは、簡単にいうと水を沸騰させたものの名称です。

白湯は、90℃以上に沸騰させて不純物を除去されたものですが、50℃程度まで冷ましてから飲むのが一般的です。

不純物が除去されているため、赤ちゃんなどの免疫力が低い方でも、安心して飲めますよ。

白湯とお湯の違いは煮沸の有無

白湯とお湯を一緒のものだと思っている方も多いですが、実は異なります。

具体的な異なる点としては、温度と不純物の有無です。

白湯は沸騰させた90℃以上の水を指しますが、お湯は40℃以上の水と定義されています。

そのため、白湯と呼ぶには不純物を除去している必要がありますが、お湯は40℃以上でいいため、不純物の有無は関係ありません。

白湯とお湯の違いとは?白湯の飲み方と得られる効果

白湯は花粉による炎症を緩和させる

白湯には、花粉症対策に効果があります。

花粉症には鼻水や目のかゆみ、皮膚炎の症状があり、植物の花粉に反応して起きる炎症が原因です。

白湯は、この炎症を緩和する働きを持っています。

白湯の温度は炎症に対して非常に効果的で、白湯を飲むことで炎症部分を加湿できるため、緩和が期待できるでしょう。

また、花粉症の方で、普段からジュースを飲む回数が多いなら、ジュースを白湯に変えると症状が良くなるでしょう。

ジュースなどに含まれる糖を摂取すると、体内の血糖値が上昇してしまいます。

血糖値の上昇が起こると、血糖値を下げるために、体内のコルチゾールという成分が使われます。

このコルチゾールという成分は、花粉症の症状を抑える働きがあるため、血糖値を下げるのに使われてしまうと、花粉症の症状が酷くなってしまいます。

そのため、ジュースを白湯変えるだけでも、花粉症の症状を抑える効果が期待できるというわけです。

花粉症はアレルギー反応により起こる

花粉症に苦しんでいる方は多いですが、花粉症がなぜ起こるのかを知っていますか?

花粉症は、アレルギー反応の一種です。

花粉というアレルゲン物質が、体内に入ってきて起こる免疫反応と言えます。

  1.  アレルゲン物質が鼻の粘膜に付着
  2.  アレルゲン物質が肥満細胞の抗体とくっつく
  3.  再びアレルゲン物質が侵入すると、ヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出される
  4. アレルギー反応を起こす

花粉症のメカニズムは以上です。

アレルギーの一種のため、完全に治すのは困難です。

参照元:アレジオン「花粉症を発症する原因とメカニズム

花粉症に効果のある白湯の作り方

花粉症に効果のある白湯の作り方を紹介します。

作り方は簡単で、以下の通りです。

  1.  鍋に水を入れて加熱する
  2. 沸騰し始めたら蓋を取り、10分以上加熱する
  3.  50℃程度の飲みやすい温度に冷ます

沸騰は必ず10分以上!

白湯を作る際は、必ず10分以上沸騰させる必要があります。

理由は、水道水に含まれるトリハロメタンを除去するためです。

水道水に含まれるトリハロメタンという物質は、人に対して発がん性の可能性がある有害物質です。

含まれている量は少ないため、人体には影響ありませんが、トリハロメタンには高温になると濃度が高くなる性質があります。

そのため、中途半端に加熱をしてしまうと、かえって危険度が上がってしまいます。

10分以上加熱をすれば除去できるため、白湯を作る際は、忘れずに加熱をしましょう。

白湯をより効果的に飲む方法

普通に白湯を飲んでも、効果は期待できますが、より効果的に飲む方法があります。

せっかく飲むのであれば、効果的に飲む方が得ですよ。

  • 1度に大量に飲まない
  • 1日に700~1000㎖を目安に飲む
  • 毎日継続して飲む

1度に大量に飲まない

白湯を飲む際は、1度に大量に飲まないようにしましょう。

1度に多くの白湯をごくごく飲むよりも、少しずつ体を温めながら飲むと体が自然とポカポカしてきます。

胃に何も入っていない状態で白湯を一気に飲むと、火傷や体の違和感をもたらしてしまうリスクがあるので注意してくださいね。

1日に700~1000㎖を目安に飲む

白湯は、1日に700~1000㎖を目安に飲むようにしましょう。

消費する水の量は人によって異なるため、自分に合った適切な量を摂取するのが重要です。

たくさん飲むと、お腹をくだしてしまうこともあるので気をつけましょう。

毎日継続して飲む

白湯には決して直接的な効果があるわけではなく、あくまでもプラスαとしての役割にしかなりません。

そのため、短期的・長期的な効果に期待するのではなく、毎日継続して飲むのが大事です。

白湯を飲む一番の魅力は体を温められるという点にあり、体が温めると体に良い影響が期待できます。

白湯を飲むタイミング

白湯を飲むタイミングも非常に重要です。

  • 起床後に飲むと水分補給になる
  • 寝る前に飲むとリラックス効果がある

飲むタイミングにより、様々な効果が得られるため、試してみてください!

起床後に飲むと水分補給になる

起床後に白湯を飲むと、寝ている間に失った水分を補給できます。

人間は、寝ている間に呼吸による水分の放出を含めて、500~1000㎖もの水分を失うと言われています。

起きると体はカラカラ状態のため、白湯を飲むようにしましょう。

白湯は、冷水よりも胃腸に負担がかからないため、おすすめです。

胃腸の働きを促す効果も期待できるため、老廃物の排出を助けます。

寝る前に飲むとリラックス効果がある

白湯を寝る前に飲むと、リラックス効果が期待できます。

寝る前は特に、少しずつ時間をかけて飲むようにしてください。

ゆっくり時間をかけて飲むことで、寝つきが良くなるでしょう。

冷え性の方は、体が冷えてしまって寝られないことがあるかと思いますが、白湯を飲むと体が内側から温められるためおすすめですよ。

白湯を飲みやすくする方法

白湯はただの水のため、味はありません。

無味だと、毎日飲むのが厳しい方もいるでしょう。

そんな方達のために、白湯を飲みやすくするためのアレンジレシピを紹介します!

  • はちみつ
  • レモン
  • 生姜
  • 大根おろし

はちみつ

甘いものが好きな方には、白湯にはちみつを入れるのがおすすめです。

150㎖の白湯に対して、スプーン1杯分入れると美味しく飲めるでしょう。

甘みが加わるため、一気に飲みやすくなりますよ。

レモン

白湯にレモンまたはレモン汁を加えると、飲みやすくなります。

ビタミンCとクエン酸で、疲労の回復効果が見込めためおすすめです。

塩を一つまみ入れるとまた、違った美味しさになります。

生姜

白湯に生姜を入れるのもおすすめです。

150㎖の白湯に対して、生姜のスライスなら3枚ほど、生姜チューブなら小さじ1杯ほど入れると美味しいでしょう。

白湯だけでも体を温める効果がありますが、さらにその効果を高められます。

冷え性の方には、非常におすすめです!

大根おろし

以外に思うかもしれませんが、白湯に大根おろしを入れるのもおすすめです。

食べ過ぎなどで胃が疲れている際は、大根おろし入りの白湯を飲むと疲れが改善されます。

大根おろしだけを入れると飲みづらい方は、だしの素や生姜を入れると美味しく飲めますよ!

白湯は赤ちゃんにもおすすめ!

白湯は赤ちゃんにもおすすめの飲み物です。

単純に水分補給になりますし、甘いジュースを飲むよりも色々なリスクを避けるのにつながります。

虫歯になるリスクの予防にもつながるので、嫌がらなければ適量を与える様にしましょう。

離乳食の準備期間として

白湯を飲むのは、赤ちゃんの離乳食の準備期間として有効です。

離乳食は、生後6か月くらいから食べ始めるのが一般的なため、白湯を飲ませるのは生後4か月目あたりがおすすめです。

赤ちゃんはミルク以外を口にしないため、白湯を飲ませることで、ミルク以外の味に慣れさせ、スムーズに離乳食に移行できるでしょう。

白湯作りにはウォーターサーバーがおすすめ!

ウォーターサーバーには、温水と冷水機能があるため、混ぜ合わせることですぐに50℃前後の白湯が飲めますよ。

赤ちゃんに白湯を飲ませる際は、不純物が含まれていない物が好ましいため、ウォーターサーバーの水だと安心して飲ませられますよ。

気軽に毎日飲みたい方であれば、ぜひウォーターサーバーを契約してみてください!

白湯には花粉症対策以外にも多くの効能がある!

いかがだったでしょうか。

白湯はみなさんの多くが悩んでいる花粉症対策の心強い味方になります。

ただ、もちろん白湯を飲んだからと言って完璧に花粉症の症状を改善できるわけではありません。

あくまでもプラスαとして捉えて、適切な花粉症対策をしてみてくださいね。