2人暮らしにおすすめのウォーターサーバー5選!失敗しない選び方も解説

2人暮らしにおすすめのウォーターサーバー5選!失敗しない選び方も解説

「2人暮らしでウォーターサーバーを使うのってもったいないのかな」
「お水の消費量は実際どれくらい…?」

このように、2人暮らしでウォーターサーバーを無理なく使えるのか不安に思っている方も多いでしょう。

結論から言えば、2人暮らしでも問題なく快適に利用することが可能です。

この記事では2人暮らしで使うウォーターサーバーの失敗しない選び方や、実際に2人暮らしにおすすめのウォーターサーバーをピックアップして紹介します。

ぜひ目を通してみてくださいね。

失敗しない2人暮らしのウォーターサーバー選びのポイント

空腹に水を飲むとどうなる?期待できる10個の効果と水を飲む際の注意点を紹介!

2人暮らしのウォーターサーバー選びで失敗しないために、押さえておきたいポイントは下記の6つです。

  • スリムなウォーターサーバーを選ぶ
  • ワンウェイ式(使い捨て)ボトルのウォーターサーバーを選ぶ
  • メンテナンスが簡単なウォーターサーバーを選ぶ
  • 時間指定や再配達可能なメーカーを選ぶ
  • ボトル交換が楽なウォーターサーバーを選ぶ
  • 配送本数を調節しやすいメーカーを選ぶ

スリムなウォーターサーバーを選ぶ

2人暮らしの場合、コンパクトなお部屋でも圧迫感なく使えるスリムタイプのウォーターサーバーがおすすめです。

購入後に置き場所に困らないよう、あらかじめサーバーを本体のサイズを把握し、設置スペースを確認しておきましょう。

生活空間を占領しないように、無理のないサイズを探すのがポイントです。

ワンウェイ方式(使い捨て)ボトルのウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーのボトルの種類は、大きく分けて下記の2つに分類されます。

  • ワンウェイ方式(使い捨てタイプ)
  • リターナブル方式(使いまわしタイプ)

ワンウェイ方式のボトルは使用後自分で廃棄していい使い捨てタイプなのに対し、リターナブル方式はボトルを繰り返し使用します。

リターナブルの場合業者に空のボトルを回収させなくてはいけないので、それまで自宅で保管しなくてはいけないのですね。

2人暮らしの場合そこまで広くないコンパクトなお部屋なことも多いので、水の入ったストック分だけでなく空ボトルまで置いておくのは大変です。

省スペースのためにも、使い捨て出来るワンウェイ方式を採用しているメーカーを選ぶと良いでしょう。

メンテナンスが簡単なウォーターサーバーを選ぶ

2人暮らしでお互いに家にいる時間が少ない場合、なかなかサーバーをメンテナンスする時間が取れないということもあるでしょう。

衛生状態を維持するためにも、サーバー自体に自動クリーニング機能がついているか、メーカーが無料でメンテナンスしてくれるウォーターサーバーがおすすめですよ。

安心して長く使い続けるためにも大切なことですね。

時間指定や再配達可能なメーカーを選ぶ

2人暮らしでお家を留守にすることが多い場合は、水ボトルの定期配送が来ても受け取れない場面があるでしょう。

かといって置き配だと盗難の心配もあります。

そのため、時間指定や再配達可能なメーカーだと安心ですね。

ボトル交換が楽なウォーターサーバーを選ぶ

ウォーターサーバーのボトルは一般的に12Lであることが多いです。

男性でも持ち上げて交換するのには一苦労ですから、女性にはなおさら大変な作業です。

ボトルの交換位置が低い所にあるサーバーや、ボトルの容量が12L以下の軽量タイプを選ぶと負担軽減になります。

ボトル交換が楽なウォーターサーバーおすすめランキング!費用や特徴を比較

配送本数を調節しやすいメーカーを選ぶ

2人暮らしのお家では、家族がいる家庭ほど大量に水を消費しません。

そのため、使用量に応じて注文数を調節しやすいメーカーを選ぶのがおすすめです。

1か月あたりの注文ノルマが少なかったり、1本から注文可能だと便利でしょう。

注文ノルマなしのウォーターサーバーおすすめランキング10選!費用や特徴を比較!

2人暮らしにおすすめのウォーターサーバー5選!

ここからは2人暮らしにおすすめのウォーターサーバーを5つ、ピックアップしてご紹介します!

  • プレミアムウォーター
  • コスモウォーター
  • フレシャス
  • アクアクララ
  • クリクラ

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター 商標

プレミアムウォーターは業界シェアNo.1を誇る利用者満足度の高いウォーターサーバーです。

家具メーカーとコラボで実現したデザイン性の高さやエコモード付といったスペックの高さで人気があります。

ボトルは使い捨てタイプなので、腹のボトルを保管する必要がなく省スペースに繋がるのも嬉しいですね。

卓上タイプもあるためコンパクトなサーバーを使いたい方にもおすすめ。

メンテナンスに難しい作業はなく、簡単なセルフクリーニングで十分衛生状態を保てる設計となっていますよ。

お手入れの仕方は公式サイトで確認できます。

レンタル代(税込) 0円~1,000円(サーバーによる)
電気代(月々) 約600円
2人分のボトル代(税込) 3,974円(24L)
配送料 一部エリアを除き無料(北海道・青森・秋田・岩手・沖縄は220円/セット、石垣・宮古島エリアの場合715円/セット)
トータルコスト(月々) 4,574円~
メンテナンス 簡単なセルフメンテナンスで衛生状態の維持が可能(定期的な専門メンテナンスの必要なし)
9,103円で訪問クリーニングも可能
ボトル設置位置 サーバー上部
ボトルタイプ ワンウェイ方式

コスモウォーター

コスモウォーター

コスモウォーターは全国一律で配送料がかからないため、都心から離れた場所にお住いの方に特におすすめです。(沖縄・離島は配送対象外)

また、コスモウォーターはボトル交換口が足元についており、ボトルを持ち上げて交換する必要が無いのもポイント。

女性や高齢の方でもカンタンにボトル交換ができるので、利用していく中での負担を軽減できます。

自動クリーン機能がついているため、衛生の面でも安心して使い続けられますね。

レンタル代(税込) 無料
電気代(月々) 約125円~465円(サーバーによる)
2人分のボトル代(税込) 4,104円(24L)
配送料 無料
トータルコスト(月々) 4,229円~
メンテナンス サーバーにクリーンエアシステムやクリーンサイクルシステム(smartプラスのみ)搭載
ボトル設置位置 サーバー下部
ボトルタイプ ワンウェイ方式

フレシャス

フレシャス

フレシャスは水のセット位置がサーバー上部ではあるものの、7.2Lの軽量パックを採用しており、誰でもお水の交換がしやすいのが特徴です。

サーバーに自動クリーン機能が搭載されているため、簡単なお手入れだけで安全に使い続けることができますよ。

サーバーレンタル代550円は、前月に2箱(1箱は7.2L×4)以上の注文があれば無料になります。

全国配送料無料でお水のお届けが可能です。(沖縄・離島は配送対象外)

関連記事

レンタル代(税込) 0~550円
電気代(月々) 約460~1,000円
2人分のボトル代(税込) 4,924円(28.8L)
配送料 無料
トータルコスト(月々) 5,384円~
メンテナンス 自動クリーン機能・フレッシュモード搭載
ボトル設置位置 サーバー上部
ボトルタイプ パック式(使い捨て)

アクアクララ

アクアクララ

アクアクララでは1000万分の1mmの極小浄化孔フィルター「RO膜」(逆浸透膜)で、ろ過したお水にミネラルを最適に配合し、安心でおいしいお水がお届け可能となっています。

自社基準の「洗浄メンテナンス資格」を持ったプロによりメンテナンスが行われ、細かいパーツまで分解しながら1つ1つ丁寧に洗浄してくれますよ。

メンテナンス料は安心サポート料に含まれているため追加費用は必要ありません。

レンタル代(税込) 1,100~3,300円(安心サポート料)
電気代(月々) 約475~800円
2人分のボトル代(税込) 3,024円(24L)
配送料 無料
トータルコスト(月々) 4,599円~
メンテナンス 無料
ボトル設置位置 サーバー上部
ボトルタイプ リターナブル方式

クリクラ

クリクラ

クリクラは全国一律配送料無料のため、都心から離れた地域でも配送料なしでお水を届けてくれます。(沖縄は配送対象外)

サーバーレンタル代は1,100円ですが、3ヶ月で6本以上のボトルを注文することで無料になります。

2人暮らしの平均的な消費量を考えると無理なく消費できる量なので、レンタル代はかからないでしょう。

さらにクリクラには注文ノルマがないため、欲しいタイミングで1本ずつの注文が可能。

お水の消費量がそこまで多くないおうちにもおすすめです。

レンタル代(税込) 0~1,100円
電気代(月々) 約756~900円
2人分のボトル代(税込) 2,920円(22.8L)
配送料 無料
トータルコスト(月々) 4,136円~
メンテナンス(税込) 5,500円で年に1回or安全サポートパック460円/月に加入
ボトル設置位置 サーバー上部
ボトルタイプ リターナブル方式

2人暮らしでかかるウォーターサーバーのコスト

リセットタイム 料金

ウォーターサーバー選びの際にまず確認したいのが、2人暮らしにかかるウォーターサーバーのおおよそのコストです。

結論から言えば、2人暮らしがウォーターサーバーを利用する際のトータルコストは4,000~5,000円程度。

ここから、何に費用がかかっているのかの内訳や、2人暮らしで1か月に消費する水の量について把握しておきましょう。

ウォーターサーバーの利用にかかるコストの内訳

ウォーターサーバーの利用にかかるコストは主に下記の通りです。

  • ウォーターサーバーのレンタル代
  • 水ボトルの購入代
  • ウォーターサーバーの電気代
  • 配送料

サーバーレンタル代は0円のメーカーもあれば数千円のメーカーもあり様々。

ボトルは12Lで2,000円ほどであることが多く、サーバーの電気代は月々1,000円前後が平均的なラインです。

ボトル配送料は都心から離れるほど高額になりやすい傾向にあり、基本的には0~1,000円ほどとなっています。

2人暮らしのひと月当たりの水の使用量

ひと月当たりの水の使用量は、1人当たり約12L(一般的な水ボトル1本分)と言われています。

つまり2人暮らしだと、約24L必要ということになりますね。

2人暮らしでウォーターサーバーを使う3つのメリット

水ダイエットで得られる効果とは?水を飲むときのポイントや注意点を紹介!

2人暮らしでウォーターサーバーを使う主なメリットは下記の3つです。

  • 重いミネラルウォーターを運ばなくていい
  • 忙しい時間帯の強い味方
  • 健康管理にもつながる

重いミネラルウォーターを運ばなくていい

2人暮らしのお家の場合、手の空いた1人が合間の時間に買い物をこなすことも多いでしょう。

そんな中、2人分(24L)のミネラルウォーターまで買って帰るのは大変ですよね。

その点ウォーターサーバーであればお水を定期配送してくれるため、重たいお水を自分で運ぶ必要がなくなります。

忙しい時間帯の強い味方

ウォーターサーバーなら温水・冷水がいつでも使えるので、仕事で忙しい朝でもすぐにコーヒーやスープを淹れることができます。

帰宅が遅くなってしまった日も、沸かし済みのお湯を料理に使えて時短になったり、インスタントをすぐに用意できて便利。

まさに忙しい時間の強い味方ですね。

健康管理にもつながる

ウォーターサーバーのお水はメーカーこだわりの天然水か、高性能なろ過フィルターで浄水したクリーンなお水。

水道水に含まれるカルキや不純物を気にせず、安全性の高いお水を常に利用できるため、健康管理にも繋がります。

忙しい2人暮らしのお家ならなおさら、毎日のお水から健康管理できるのが嬉しいですね。

特に天然水の場合、ミネラルをはじめとする体に良い成分を豊富に含んでいるため、体の調子を整えるのに有効ですよ。

ウォーターサーバーで快適な生活を

女性 室内

2人暮らしで使うウォーターサーバー選びの失敗しないポイントや、ウォーターサーバーを使うことのメリット。

さらに2人暮らしにおすすめのウォーターサーバーについて紹介しました。

買い物時間の短縮や健康管理、忙しい時間での負担軽減など、ウォーターサーバーをうまく使うことによって生活をより快適にできる可能性が広がります。

コスパも意識しつつ、生活スタイルに合った最適なサーバーを選べるよう、ぜひ複数のメーカーを比べてみてくださいね。