ボトルなしウォーターサーバーとは?メリット・デメリットとおすすめのサーバーも紹介

ボトルなしウォーターサーバーとは?メリット・デメリットとおすすめのサーバーも紹介

近頃はCMや広告でウォーターサーバーが取り上げられる機会も増え、注目を集めていますね。

それに伴いウォーターサーバーを実際に利用する方や、利用を検討し始める方も増えています。

ウォーターサーバー選びでまず決めなくては受けないのが機種のタイプ。

はじめの頃は大きなボトルを交換しながら使うタイプが主流でしたが、今ではボトルを必要としないタイプのウォーターサーバーも話題となっていますからね。

この記事では、「ボトルなしウォーターサーバーって他のタイプとどう違うの?」「ボトル型と比べて使いやすさはどう変わる?」というような疑問に答えていきます。

ボトルなしウォーターサーバーのメリット・デメリットや、ボトルなしで使えるおすすめのメーカーについても紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。

ボトルなしウォーターサーバーとは

ボトルなしウォーターサーバーとは、購入した水ではなく水道水を浄水して使うウォーターサーバーの事です。

一般的には12Lほどの大きな水ボトルを購入して、無くなり次第交換を繰り返すボトル型のウォーターサーバーが主流です。

一方で今回解説するボトル無しタイプは、ボトル型と比べて様々な手間が省略できる点で注目されていますよ。

まずはボトル無しウォーターサーバーの種類から紹介していきますね。

ボトルなしウォーターサーバーの種類

>フレシャスの水抜き方法とは?どんな時に水抜きが必要?

ボトルなしウォーターサーバーは、主に下記の2つの種類に分けられます。

  • 水道直結型
  • 補充型

それぞれの特徴について見ていきましょう。

水道直結型

水道直結型は、水道管とウォーターサーバーを直接つないで使用するタイプの事です。

パイプをつなぐ必要があるのでキッチンの近くに設置するのが一般的ですね。

補充型のように水を継ぎ足す必要もなく、最も手間の少ないタイプと言えます。

補充型

補充型とは、自分でウォーターサーバーに水道水を注いで補充するタイプの事です。

ボトルなしで使うことができるのに加え、水道管と直接繋がなくても使用できるのがポイント。

その分水道直結型よりも設置場所の選択肢が広がります。

水道直結型と補充型の違い

水道直結型と補充型の主な違いは下記の通りです。

水道直結型 補充型
工事 必要 不要
水の補充 不要 必要
設置場所 水道付近 制限なし

水道直結型は、水道管とサーバーをホースで繋ぐために取り付け工事が必要です。

工事自体は簡単なものなので身構えることはありませんが、スケジュールを調整して立ち合う必要がありますよ。

一方工事不要の補充型は、代わりに水がなくなる度自分で水道水を注ぐ必要があります。

補充型は設置場所を選びませんが、水場からあまり遠い所に設置すると、水を運ぶのが大変なので注意が必要ですね。

ボトルなしウォーターサーバーと浄水器の違い

天然水をお届けしてくれるボトル型ならともかく、水道水を使うボトルなしウォーターサーバーは、水道に浄水器をつけるのと変わらないのでは?と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

そこで、ボトルなしウォーターサーバーと浄水器の主な違いについても解説していきますよ。

  • ろ過性能の違い
  • 温水や冷水が出るかどうか

ろ過性能の違い

ボトルなしウォーターサーバーは、一般的に普及している蛇口につける浄水器よりも、ろ過性能が高いです。

非常に浄水制度の高いフィルターを使っているので、段違いにクリーンになったお水を楽しむことができますよ。

温水や冷水が出るかどうか

水道に浄水器を取り付けるだけでは、ろ過した常温のお水が出てくるのみですよね。

一方ボトルなしウォーターサーバーは、コックをひねるだけで温水と冷水をすぐに利用することができます。

冷蔵庫でお水を冷やしたり、ヤカンやケトルに移し替えてお湯を沸かす必要がないため、毎日の手間が省けますね。

ボトルなしウォーターサーバーのおすすめ3選!

ボトルなしウォーターサーバーの便利さを把握できたところで、ボトルなしで使えるウォーターサーバーを色々比較したい!と考えている方も多いのではないでしょうか。

しかしウォーターサーバーの主流はボトル型ですから、多くの中からボトルなしタイプを扱うメーカーをピックアップするだけでも大変です。

そこで、ここからはボトルなしウォーターサーバーのおすすめを3つ厳選して紹介したいと思います。

それぞれの特徴を比較して、最適なサービスを見つけましょう。

  • ウォータースタンド
  • ハミングウォーター
  • Locca

ウォータースタンド

ウォータースタンド-キャプチャ

ウォータースタンドは水道に繋げて利用する水道直結型のウォーターサーバーです。

無料の付帯サービスが充実しているが魅力で、下記の料金がすべて無料。

余計な費用をかけずに利用できます。

  • 初期設置
  • フィルター交換
  • 定期メンテナンス・清掃
  • 通常使用による故障修理対応
  • 経年劣化による本体交換
月額料金(税込) 2,200~7,150円(機種による)
タイプ 水道直結型
電気代 約150~1,200円(機種による)
最低利用期間 1年
早期契約解除料(税込) 6,600円(アイコンのみ9,900円)

ハミングウォーター

ハミングウォーター 商標

ハミングウォーターは、補充型のボトルなしウォーターサーバーです。

マイクロフィルター・ウルトラフィルターの2種類のフィルターを搭載しており、2層の高性能フィルターで不純物や雑菌をろ過しています。

JIS の規格に基づいて測定した17項目に加え、浄水器協会規格基準に準拠する4項目においても80%以上を除去した結果があるほど高性能なフィルターです。

またサーバー本体は横幅26㎝というスリム設計で、設置場所を確保しやすいのも嬉しいですね。

月額料金(税込) 3,300円
タイプ 補充型
電気代 約476円~
最低利用期間 2年
早期契約解除料(税込) 16,500円

Locca

LOCCA-

Loccaは補充型のボトルなしウォーターサーバーです。

サーバーに内蔵されている冷水タンクにはUV殺菌機能が搭載されていて、6時間ごとに1回UVライトを照射し、タンク内を自動的に殺菌してくれますよ。

数あるウォーターサーバーの中でも、自動的にUVライトで加熱消毒してくれる機種は非常に少ないです。

1~2年おきに専門の業者による手動メンテナンスを行うメーカーが多い中で、毎日タンク内がケアされるLoccaは衛生面でも安心できるサーバーと言えます。

4ヶ月に1回程度、自分でカートリッジを交換する必要がありますが、交換方法は非常にカンタンです。

カートリッジは定期的にご自宅に郵送されますよ。

月額料金 3,146円(税込)
タイプ 補充型
電気代 約616~1,126円
最低利用期間 3年
早期契約解除料 15,000円(不課税)

ボトルなしウォーターサーバーの5つのメリット

【2020年最新】マーキュロップのキャンペーン情報!他社キャンペーンと比較して紹介!

ボトルなしウォーターサーバーの主なメリットは下記の5つです。

  • ボトル交換が不要
  • 水の購入代不要
  • ボトルをストックしなくていいので省スペースにつながる
  • ボトルの返却も不要
  • ウォーターサーバー自体がコンパクト

ボトル交換が不要

一般的なウォーターサーバーは、ボトルで配送されてくるお水を自分でサーバーにセットして使います。

ボトルは1本12Lのサイズが主流ですから、持ち上げるだけでも一苦労。

特に女性や高齢の方には扱いにくいことも多いです。

ボトルなしタイプの場合、補充型であれば無理のない量の水道水を運んで継ぎ足せばOK。

水道直結型であればそもそも水を自分で追加する必要がありません。

このようにボトル交換の負担をぐんと軽減できる点は大きなメリットと言えますね。

水の購入代不要

水道水を利用するボトルなしウォーターサーバーは、当然ながら水の購入代がかかりません。

基本的に月額料金はサーバーレンタル料のみの定額制ですね。

使えば使うほどボトル代がかさむ一般的なサーバーとは違い、ボトルなしウォーターサーバーは水を使えば使うほど月額料金が割安になります。

家族でお水をよく使う家庭や、飲料水としてだけでなく料理などにもどんどんクリーンなお水を使っていきたいという方におすすめです。

ボトルをストックしなくていいので省スペースにつながる

ボトル型のウォーターサーバーを使う場合、水ボトルを常にお家にストックしておく必要があります。

さらにボトルは定期配送ですから、もし水の使用量が少なくまだ在庫が残っている状態だとしても、毎月新しいお水が届いてしまいます。

お水のボトルは10L以上もありますから、ストックしておく場所を確保するのも一苦労。

かといって無造作に置きっぱなしにしては、お部屋の雰囲気を壊してしまうこともあります。

ボトルなしウォーターサーバーであればこのようにボトルの保管スペースがそもそも必要ないため、省スペースに繋がるのですね。

ボトルの返却も不要

ボトル型のウォーターサーバーの中には、ボトルを使い捨てせずに繰り返し使用するリターナブルボトル方式を採用しているメーカーも。

この場合、空になったボトルは業者が回収に来るまで保管しなくてはいけないため、非常に場所をとります。

ボトルなしウォーターサーバーであれば、お家の空間を空ボトルが占領することもありませんね。

ウォーターサーバー自体がコンパクト

水ボトルの取り付けが必要ないボトルなしタイプは、その分サーバー自体を小さく設計することができます。

スリム設計のサーバーや卓上に設置できるサーバーが多いので、コンパクトなお部屋にも導入しやすいですよ。

ボトルなしウォーターサーバーの5つのデメリット

ダイオーズウォーターサーバーの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

ボトルなしウォーターサーバーの主なデメリットは下記の5つです。

  • 設置場所が限定される
  • 天然水よりも味わいが物足りない
  • 非常時の備蓄には使えない
  • 補充型の場合こまめな継ぎ足しが必要
  • 定期的なフィルター交換が必要

設置場所が限定される

水道直結型のウォーターサーバーは、水道管とサーバーをホースで繋ぐ必要があるため、あまり水場から離れた場所には設置できません。

基本的にはキッチンの近くに取り付けることが多いですね。

補充型の場合は必ずしも水場の近くである必要はありませんが、あまり遠いと水道水を補充するための往復が大変になってしまいます。

このように、ボトルなしウォーターサーバーは設置場所が限定されてしまうところがデメリットと言えますね。

天然水よりも味わいが物足りない

ボトルなしウォーターサーバーは浄水機能が優れているため、水道水に含まれる不純物を排除する過程でミネラル等も取り除いてしまいます。

そのため、天然水に比べると味わいに物足りなさを感じる方もいるでしょう。

お水自体のおいしさにこだわりたい方は、天然水をボトリングしてお届けしてくれるウォーターサーバーも検討してみましょう。

非常時の備蓄には使えない

近年は異常気象や地震による災害が頻発していますから、それに伴い防災意識も高まっています。

ウォーターサーバーの水ボトルを非常時用の備蓄水として活用している家庭も多いですね。

しかし、ボトルなしウォーターサーバーはそもそも水をストックしないので、断水してしまった時などは飲み水を確保できません。

このように災害時の備えとしての使い方ができない点は、デメリットと言えるでしょう。

補充型の場合こまめな継ぎ足しが必要

ボトルなしウォーターサーバーのメリットの一つに、「ボトル交換が必要ない」という点を挙げました。

しかし補充型のボトルなしウォーターサーバーの場合は、水道水を自分でサーバーに注ぐ必要があります。

家庭にある容器では一度に何リットルもの水を運ぶのは難しいでしょうから、サーバーを満タンにするまで何往復かは必要になるでしょう。

水道から距離がある場所に設置してしまうとさらに継ぎ足しが大変になる等、こまめな水道水の補充を面倒に感じることもあるかもしれません。

定期的なフィルター交換が必要

ボトル型とは違い浄水型のウォーターサーバーは定期的なフィルター交換が必要です。

基本的には、定期的に郵送される浄水フィルターを自分で交換します。

頻度は4か月に1回ほど。

そこまで難しい作業ではありませんが、ボトル型には必要ない作業なのでデメリットに感じる方もいるでしょう。

ボトルなしウォーターサーバーはとにかく手間が少ない!

女性 室内

ボトルなしウォーターサーバーの特徴やメリット・デメリットについて紹介しました。

ボトルなしウォーターサーバーは、ボトル型よりも様々な手間がかからず扱いやすいのが特徴です。

月額費用も定額制でわかりやすく、お水の使用量が多い家庭では特にお得に利用できるでしょう。

自宅でのウォーターサーバーの利用シーンをしっかりイメージして、自分にとって最適な使い方ができるウォーターサーバーを選んでくださいね。