スノーアルプスの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

スノーアルプスの電気代や月額費用はいくら?他社と比較して徹底解説!

スノーアルプスの利用を検討している人で、電気代や月額費用が気になる人も多いでしょう。

ウォーターサーバーを契約する上で、後から諸費用を請求されたということも聞きます。

よって、事前に利用に必要な費用を、把握しておきたい人も多いと思います。

そんな人に向けて、スノーアルプスの電気代や月額費用について、他社と比較して徹底解説します。

スノーアルプスの電気代はいくら?

スノーアルプスのサーバーごとの電気代は以下の通りです。

機種 電気代
スタンダードサーバーLong 約1,000円~
スタンダードサーバーShort 約1,000円~
プラチナサーバー 約700円~
※省エネモード利用時
浄水型サーバー 記載なし

スタンダードサーバーは約1,000円程で、一般的なウォーターサーバーの電気代と比べても平均的です。

対して、プラチナサーバーは省エネモードが搭載されているので、おおよそ300円程度安く利用できます。

長期間で考えるとランニングコストを節約できるので、少しでも安く利用したい人はプラチナサーバーを利用しましょう。

スノーアルプスで電気代以外にかかる費用の内訳

スノーアルプスで電気代以外にかかる費用は以下の2つです。

  • 定額料金の3200円~3800円
  • 初回設置料6,000円

定額料金の3200円~3800円

スノーアルプスでは、コースごとに以下の定額料金がかかります。

機種 コスト
スタンダードサーバーLong 約1,000円~
スタンダードサーバーShort 約1,000円~
プラチナサーバー 約700円~
浄水型サーバー  記載なし

スノーアルプスをおすすめする3つのポイント

スノーアルプスをおすすめするポイントは、以下の3つです。

  • 水の注文ノルマがない
  • 使い捨てボトルで使い勝手が良い
  • 高度の低い軟水を使用しており老若男女誰でも楽しめる

宅配型・浄水型の2つから選べる

スノーアルプスでは宅配水型・浄水型の2タイプをリリースしており、利用者の用途によって使い分けられるのが魅力です。

利用する水の量が多い場合には浄水型、利用者数が少なく天然水にこだわっている人は宅配型と好きなサーバーを選べます。

浄水型・宅配型それぞれのサーバーをリリースしているメーカーは少ないので、スノーアルプスならではの魅力とです。

使い捨てボトルで使い勝手が良い

スノーアルプスは「使い捨てボトル」を採用しています。

他社のウォーターサーバーでは、ボトル内の水を使い切ったら、業者が回収しにくる「リターナブルボトル」を採用しているところもあります。

その場合、使い切ったボトルを保管する必要があるので、ある程度のスペースを用意しなければなりません。

その点、スノーアルプスは、使い終わったボトルは通常のゴミとして処分できるので、利用しやすいでしょう。

高度の低い軟水を使用しており老若男女誰でも楽しめる

スノーアルプスの水は「高度の低い軟水」です。

採水地は、長野県信濃大町爺ヶ岳の山麓標高1220mにある水源で、夏場でも残雪があります。

硬度16の超軟水で、国内水道水の平均硬度50よりかなり低くなっています。

したがって、口当たりなめらかで飲みやすい特徴があります。クセが少ない点で、料理や赤ちゃんのミルクにも最適です。

スノーアルプス天然水の概要
水の種類 天然水
採水地 長野県大町市北アルプス水源
エネルギー 0kal
たんぱく質・脂質・炭水化物 0.00mg
ナトリウム 0.27mg
カルシウム 0.54mg
マグネシウム 0.05mg
カリウム 0.05mg
硬度 16mg(軟水)ph7

スノーアルプスは電気代・月額料金ともにお得

今回は、スノーアルプスの電気代や月額費用について、他社と比較して徹底解説しました。

スノーアルプスのウォーターサーバーにかかる電気代は、約700円〜1,000円と平均的です。

また、電気代以外に毎月かかる料金は、定額料金の3,200円~3,800円のみです。

比較的利用しやすい価格なので、ぜひこの記事を参考に、スノーアルプスの利用を検討してみてください。