白湯を美味しくアレンジ!レシピのアレンジとアレンジ白湯の効果

白湯を美味しくアレンジ!レシピのアレンジとアレンジ白湯の効果

白湯をそのままで飲んでいる人が多いですが、実は簡単に味や香りを変化させることができるということを皆さんご存知でしたか?

毎日白湯を飲んでいると、飽きが来てしまい柑橘の香りや甘みを足したくなりますよね。

もちろん普通の白湯も、健康や美容に対して効果的です。

さらに健康に良いといわれる食材を加えることで、より健康や美容に効果的な成分を摂取することができます。

今回の記事では白湯のアレンジレシピとアレンジした白湯の効果について解説していくので、しっかりと確認して生活の中に取り入れましょう。

白湯のアレンジレシピ

白湯のアレンジは、自宅にある身近な材料で簡単に出来てしまうことをご存知ですか?

今まで普通の白湯を飲んでいて、味に飽きてしまったという方も多いですよね。

この章では、自宅で簡単にできる白湯のアレンジ方法を紹介していくので確認していきましょう。

蜂蜜レモン白湯

はちみつとレモンは相性抜群で、栄養価も高いことで知られていますね。

作り方はレモンを1/8のカットをし、約90℃まで温めた白湯の中に入れます。

レモンがなければスーパーやコンビニで販売されている、無糖のレモンジュースを使いましょう。

レモンを入れ終わったら、はちみつをティースプーン1杯分入れます。

軽く撹拌することができれば完成です。

生姜白湯

冬の時期は体を温めるために、白湯を飲んでいる方も多いですよね。

白湯の中に生姜を入れることができれば、さらに体温の保温効果を高めることができますよ。

作り方は、白湯の中に生姜スライスを3枚くらい入れるだけで完成です。

生姜が家にない場合は、生姜パウダーやチューブの生姜を使いましょう。

オリーブオイルと白湯

オリーブオイルと白湯の組み合わせと聞くと、本当に相性がいいのかという不安がありますよね。

しかし白湯の中にオリーブオイル入れることで口当たりがまろやかになり、白湯を飲みやすくすることができます。

作り方は白湯の中にオリーブオイルを小さじ1杯入れて、軽く撹拌するだけです。

冷めてしまうと白湯に膜が張ってしまうので、温かい間に飲むようにしましょう。

アレンジ白湯の効果

白湯をアレンジすることは、ただ白湯の味わいのバリエーションを増やすことだけでなく、健康や美容の面での効果を期待することができます。

この章では白湯をアレンジすることでの、効果を確認していきましょう。

はちみつレモン白湯の効果

はちみつレモン白湯は美容や健康の面から見ても、オールマイティな効果を期待することが出来ます。

下記が、はちみつレモン白湯の効果の一覧です。

  • デトックス効果
  • 美容効果
  • 健康効果
  • 風邪の予防効果

上から順番に詳しく解説していきます。

デトックス効果

はちみつにはカリウムが豊富に含まれており、体の中にある余分な水分を排出してくれる効果が期待できます。

体の中にある余分な水分を排出することで、足や顔のむくみを予防することができ、きれいな体を作ることができるのです。

またカリウムは身体の乾燥を防ぐ働きがあり、体の水分が足りない時は必要な水分を補う効果にも期待できます。

体の水分バランスが崩れている時は、はちみつレモン白湯を作りましょう。

美容効果

レモンの中にビタミンCが豊富に含まれていることは有名ですよね。

ビタミンCは、肌のキメやハリを整えるコラーゲンの生成を効率化する効果があると言われています。

またレモンの中に含まれているクエン酸にも美白を作り上げてくれることも。

美肌を手に入れたい方は、はちみつレモン白湯を積極的に作りましょう。

健康効果

白湯を飲んでいる人の多くが、健康的な効果を期待して飲んでいます。

普通の白湯の中にも健康的な効果を期待することができますが、白湯をアレンジした方がより効果を感じることができるでしょう。

レモンには血管の硬化を防ぐ作用があり、動脈硬化や高血圧といった脳梗塞などの重大な病気につながる症状の改善が期待できます。

血管の状態はストレスの状況にも左右されていて、健康的でいるためにはストレスを貯めないことが重要です。

風邪の予防効果

はちみつに含まれる成分の中に抗炎症シリング酸メチルという物質があり、インフルエンザや風邪の予防をしてくれる効果が期待できます。

冬の時期は空気も乾燥しており、風邪を引きやすくなるシーズンです。

はちみつには体内の乾燥を防ぐのにも期待できるので、体内の保湿をしていきながら風邪やインフルエンザウィルスを防ぎましょう。

生姜白湯の効果

生姜白湯はスパイスを感じることができることから、冬に飲んでいただきたい飲み物です。

以下が生姜白湯に期待できる効果です。

  • 殺菌効果
  • 冷え性の改善

殺菌効果

生姜白湯に含まれている生姜オールという成分には、風邪などのウィルスを殺菌する効果が期待できます。

風邪ウィルスを殺菌することで免疫をつけることができ、代謝の向上にもつながるとされています。

また口臭の原因となる口内の細菌も殺菌してくれることもあり、口臭予防の効果も期待できます。

冬をひきにくくするためにも、生姜白湯を活用するようにしましょう。

冷え性の改善

生姜は冬に鍋などの料理に入れること理由は、体内の保温効果を高めるからだということをご存知でしたか?

なんとなく生姜を食べると、体がポカポカしてきますよね。

生姜に含まれているジンゲロールという成分には血管を拡張する役割があり、冷え性の症状を緩和してくれる効果が期待できます。

生姜白湯を取り入れて、温かい生活を送ることができるようにしましょう。

オリーブオイルと白湯の効果

オリーブオイルは料理に使う機会は多いとですが、意外に飲み物に入れても美味しく飲むことができるのです。

飲み物にオリーブオイル入れた飲み物を食前に飲むことで胃に膜を張ることができ、消化を助けてくれる作用を期待することができます。

以下がオリーブオイルの効果の一覧です。

  • アンチエイジング効果

アンチエイジング効果

白湯を生活の中に取り入れている女性の方は、アンチエイジングと聞くと気になる人が多いですよね。

オリーブオイルにはビタミンEが豊富に含まれていて、体内の活性酸素を抑制する作用が期待できます。

白湯を飲む上での注意点

白湯はとてもいい効果を期待することができますが、摂取する上で注意しなければならないことがあります。

注意しなければならないのは普通の白湯だけでなく、アレンジされた白湯にも同じ注意点が当てはまり、間違った摂取の仕方をしてしまうと健康を害してしまう可能性があるのです。

白湯の正しい飲み物を紹介しますので確認しましょう。

白湯を飲みすぎてしまう

白湯が健康に良いからと言って飲みすぎてしまう人はいませんか?

水分を過剰に行ってしまうと、むくみや水中毒の原因となってします。

むくみの原因は体の中の水分量のバランスが崩れてしまうことが、原因で起きてしまうのです。

1日の水分量の目安としては800mlとなっており、800ml超えて水分を摂取してしまうと水分過多となります。

水中毒やむくみにならないためにも、目安を守って水分補給をしましょう。

食後に飲んでしまう

食後のコーヒーの代わりに白湯を飲んでいる人はいませんか?

食後に白湯を飲んでしまうことで胃酸を薄めてしまうことになってしまい、消化力の低下を招いてしまいます。

胃の消化力が低下をしてしまうと食べ物の消化が不完全なまま腸に届いてしまい、腸に負担をかけてしまいますね。

食後に白湯を飲む場合は、胃の中の食べ物が完全に消化しきってから飲むようにしましょう。

寝る直前に飲んでしまう

寝る直前に水分補給をしてしまう方が、いるのではないですか?

基本的には就寝前に水分補給をすることは寝ている時の水分を保つためにも推奨されていますが、問題は摂取する時間が重要となります。

白湯を摂取する際は、寝る1時間異常前に飲むようにしましょう。

1時間以内に飲んでしまうと水分で薄くなってしまった胃酸が逆流してしまい、胃酸を口からもれないようにするために軌道がふさがってしまうことに繋がるのです。

軌道がふさがってしまうと睡眠時未呼吸症候群に陥ってしまい、睡眠が浅くなってしまいます。

質の良い睡眠を保つためにも寝る1時間以内の白湯などの水分の摂取は控えるようにしましょう。

水を飲む効果的なタイミングはいつ?正しい水の飲み方とは!?

アレンジ白湯を飲んで健康的になろう

アレンジした白湯を作ることができれば、白湯を飲むことがさらに楽しくなりそうですね。

記事の中にあったアレンジした白湯はレモン水やスムージーを作るより簡単に自宅でつくることできます。

アレンジした白湯を生活に取り入れることができれば普通の白湯の効果だけでなく、追加した成分の作用も摂取することができますね。

アレンジ白湯を生活の中に取り入れて、健康的で潤った毎日を送るようにしましょう。