一人暮らしでの飲み水ってどうしてる?おすすめの飲み方や調達方法を紹介

一人暮らしでの飲み水ってどうしてる?おすすめの飲み方や調達方法を紹介

一人暮らしの人が抱える悩みとして、意外に多いのが飲み水についてのことです。

水道水をそのまま飲むのは美味しくないけど、かといって買ってくるとなるとお金がかかる…

お金はできるだけ節約したいし、1人暮らしなら我慢すべき?何かいい方法はないの?

こんな風に、飲み水の調達方法に悩みを抱えている人は多いです。

そこでこの記事では、1人暮らしの人が実践できる飲み水の調達方法や、おすすめの飲み方について紹介していきますよ。

みんなは一人暮らしの水どうしてる?飲み水を確保する6つの方法

氷水

そもそも飲み水を調達するにはどんな方法があるのでしょう。

ここでは一人暮らしの人が実践できる、飲み水を確保する方法を6つ紹介したいと思います。

  • 水道水をそのまま飲む
  • 水道水を煮沸して飲む【おすすめ】
  • スーパーで無料の蒸留水をもらう
  • 浄水器・浄水ポットを使う【おすすめ】
  • ペットボトルの水を購入する
  • ウォーターサーバーを利用する【おすすめ】

水道水をそのまま飲む

まず思いつくのが水道水をそのまま飲むという方法ですが、こちらはあまりおすすめではありません。

その理由を下記で解説していきます。

水道水をそのまま飲むメリット

水道水をそのまま飲む主なメリットは下記の通りです。

  • 手軽
  • コストが安い

水道水は蛇口をひねればすぐ出てくるので、とにかく手軽です。

かかるコストも水道代だけなので、節約を心がけたい一人暮らしには大事なポイントです。

水道水をそのまま飲むデメリット

水道水をそのまま飲む主なデメリットは下記の通りです。

  • 水がまずい

水道水を飲む時に一番気になるのが独特の薬品臭でしょう。

水道水には殺菌作用のある塩素が注入されています。

塩素そのおかげで安全に水を飲むことができるわけですが、代わりに独特のカルキの風味がして、そのまま飲むには抵抗を感じる人も多いです。

水道水を煮沸して飲む【おすすめ】

水道水の正しい煮沸時間は?不純物を除去して安全に飲む方法を紹介!

水道水をそのまま飲むのは手軽ですが、味が美味しくないというのは致命的ですよね。

その点を手軽に解消する方法が、水道水の煮沸です。

水道水を煮沸するメリット

水道水を煮沸してから飲むことの主なメリットは下記の通りです。

  • コストが安い
  • 味が良くなる

水道水はコストが安くて手軽に用意できるメリットがありますが、カルキの風味が難点でした。

水道水を一度煮沸すると、カルキを含む不純物を除去することができ、水の味が改善します。

白湯を飲むときや暑いコーヒーや紅茶を入れる言葉多い方は、水道水を煮沸してから使う方法が、コストパフォーマンス的にもメリットが多いでしょう。

水道水を煮沸するデメリット

水道水を煮沸して使うことの主なデメリットは下記の通りです。

  • 煮沸した水は保存が効かない
  • 冷たく飲みたいなら冷やす手間がかかる

水道水を煮沸すると、その瞬間は不純物が取り除かれたきれいな水になります。

しかし、殺菌作用のある塩素が除去されてしまったため、細菌の増殖を防ぐものがなくなり腐りやすい水となります。

保存には向かないため、飲みたいときに都度煮沸を行うという手間がかかりますよ。

また、水を冷たく飲みたい時には冷やす手間がかかるため、冷やす時間がかかったり氷が必要になります。

スーパーで無料の蒸留水をもらう

ご存知の方もいるかもしれませんが、一部のスーパーでは無料の蒸留水をセルフサービスで持って帰ることができます。

初めに専用のボトルを購入する必要はありますが、その後は無料で何度でも水を持って帰ることができますよ。

スーパーの無料の蒸留水のメリット

スーパーの無料の蒸留水のメリットは下記の通りです。

  • お水が美味しい
  • コストが安い(ボトルを買ってしまえばあとはタダ)

スーパーの蒸留水をもらってくる方法は、とにかくコスパが良いのがメリットです。

初めにボトルさえ買ってしまえば、後は何回でも無料でクリーンなお水をもらうことができますからね。

水道代もかからないため、長い目で見れば水道水を飲み続けるよりもお得になる可能性があります。

スーパーの無料の蒸留水のデメリット

スーパーの無料の蒸留水のデメリットは下記の通りです。

  • 水を汲んでくる手間がかかる

スーパーで無料でもらえる蒸留水は非常にコスパがいいですが、自分で水を汲んで運ばなければいけない手間がかかります。

一人暮らしの方は、一度に持って運べるお水の量が限られますし、自宅からスーパーまで距離がある方は重いボトルを持って運ぶのも大変です。

買い物のついでに水を汲んで行こうと思ったら、買い物袋とボトルで両手が塞がってしまいますから、持てるボトルはせいぜい一本ではないしょうか。

車があったり、スーパーまでの距離が非常に近いという方にはおすすめの方法です。

浄水器・浄水ポットを使う【おすすめ】

浄水器にもいくつか種類がありますが、特にオススメなのは水道の蛇口に直接取り付けるタイプです。

一度取り付けてしまえば、フィルターを通って浄水されたクリーンのお水を手軽に飲むことができます。

また浄水ポットと言う、水筒のように水を入れて使うタイプもあります。

こちらは水道水を注いでおくだけで水がフィルターを通過するように出来ており、冷蔵庫で冷やしている間に調整が完了するというもの。

浄水器・浄水ポットを使うメリット

浄水器・浄水ポットを使用する主なメリットは下記の通りです。

  • 手軽
  • 水が美味しい

浄水器も浄水ポットも、一度設置してしまえばしばらくは簡単においしいお水を用意することができます。

飲みたい時にすぐ用意することができるのもメリットと言えますね。

浄水器・浄水ポットを使うデメリット

浄水器・浄水ポットを使用する主なデメリットは下記の通りです。

  • 多少コストがかかる
  • 定期的なフィルター交換が必要

浄水器は浄水ポットを使うには、まずはそれぞれの商品の購入が必要です。

商品の性能によって価格はピンキリですが、だいたい5,000円ほどで本体を用意することも可能です。

また浄水フィルターは永久に使えるものではなく、定期的な交換が必要です。

そのフィルター代も、ランニングコストとしてかかってきますよ。

ペットボトルの水を購入する

ウォーターサーバーのコスパは良い?ペットボトルや水道水と徹底比較

ペットボトルのお水を都度購入していくという方法もありますね。

増水しているとはいえやはり水道水は飲みたくない、品質に不安が残るという方は、ペットボトルを買っていることが多いです。

ペットボトルの水のメリット

ペットボトルの水を購入する主なメリットは下記の通りです。

  • 水が美味しい
  • 非常時の備蓄水にもなる

ペットボトルなら手軽に美味しい天然水を飲むことができます。

浄水した水とは違い、ミネラルなどの成分も豊富に含んでいるため水本来の美味しさを感じられます。

また未開封のボトルは日持ちがするため、非常時のための備蓄水としても役に立つでしょう。

ペットボトルの水のデメリット

ペットボトルの水を購入する主なデメリットは下記の通りです。

  • コストがかかる
  • 水を買って運ぶ手間がかかる
  • ゴミが大量に出る

当然ですが、ペットボトルは買った分だけお金がかかります。

蛇口をひねれば出てくるものを、わざわざお金をかけて買うことに抵抗を感じる人もいるでしょう。

また水を買って運ぶ手間がかかりますから、1人暮らしなら尚更大変。

まとめ買いでコストを抑えられることもありますが。その思い水をどうやって運ぶのかという問題が残ります。

スーパーとの値段を比較しつつ、ネット通販も活用してみるといいでしょう。

またペットボトルのゴミが大量に出てしまうのもデメリットの一つ。

エコでないのもそうですし、ゴミ出しの回数が増えるのも面倒ですよね。

ウォーターサーバーを利用する【おすすめ】

ウォーターサーバーに他の水を入れてもいいの?最悪故障の可能性も…。

意外かもしれませんが、ウォーターサーバーの利用もおすすめの方法のひとつです。

多少コストがかかるものの、あまりの快適さに手放せなくなったという声も多いですよ。

ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーを使う主なメリットは下記の通りです。

  • お水が美味しい
  • 手軽
  • 非常時用の備蓄水にもなる
  • 冷蔵庫のスペースを圧迫しない

ウォーターサーバーの水は、基本的にメーカーが採水地から厳選した天然水です。

お水は定期配送なので、自分でお水を運ぶ手間も買い忘れの心配もありません。

また温水と冷水をいつでも使うことができるので、お湯を沸かしたり冷やしたりする手間もいりません。

容器に入れて冷やす必要がないので、冷蔵庫の中のスペースを有効活用することができますよ。

さらにウォーターサーバー用の大きなボトルは、非常時用の備蓄にも最適です。

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーを使う主なデメリットは下記の通りです。

  • 設置に場所をとる
  • コストがかかる

ウォーターサーバーはかなり存在感のある家電ですので、導入する際には十分な設置スペースがあるか確認する必要があります。

またウォーターサーバーはお水の購入代やサーバーのレンタル代がかかるので、紹介した中ではコストが高めです。

水道直結型サーバーなど、定額で使い放題のコスパの良いウォーターサーバーもあるので、コストが気になる場合はそちらもオススメです。

一人暮らしの飲み水にウォーターサーバーがおすすめな理由

バナジウム水は危険?どんな効果があるの?

ウォーターサーバーは他の方法に比べてコストがかかるものの、他にはないメリットも多いです。

水を冷やす時間・沸かす時間のと手間の節約は、忙しい一人暮らしの生活をかなり快適にしてくれます。

水は定期配送なので、重たいボトルを一人で運ぶ必要もありません。

また一人暮らしでコンパクトな冷蔵庫を使っている方は、お水を冷やすだけでもかなりスペースを使ってしまいます。

ウォーターサーバーがあれば、冷蔵庫内のスペースをより有効に使うことができますよ。

サーバーには卓上型の小型タイプもありますので、一人暮らしでコンパクトなお部屋に住んでいる方でも導入することができますよ。

一人暮らし&初めてのウォーターサーバーにおすすめなのはプレミアムウォータ

プレミアムウォーターは、ウォーターサーバーシェア№1の信頼の厚いメーカーです。

初めてのウォーターサーバー選びで失敗したくない!という方におすすめですよ。

スリムでスタイリッシュなデザインの機種が多いため、コンパクトなお部屋に住んでいる方でも導入しやすいです。

新規申込者に対してお得なキャンペーンを実施しているため、「ウォーターサーバーいいかも」と思った方は、是非一度キャンペーンを確認してみましょう。

プレミアムウォーター
総合評価
★★★★★5
  • 月額料金5
  • デザイン性5
  • お水の味わい5
おすすめポイント
  1. シェア&顧客満足度No.1ウォーターサーバー!
  2. 最大2か月間無料加入できるプレミアム安心サポートも魅力!
  3. お得なキャンペーンが満載!当サイト限定キャンペーンもあり!
  • 月額料金※
  • 1,987円(税込)
  • 水の種類
  • 天然水
  • ボトル交換位置
  • 足元・サーバー上部
    ※機種によって異なります。
  • 最低利用期間
  • ずっとプレミアムプラン:3年
    マムクラブ:3年
    基本プラン:2年

一人暮らしの水選びは優先事項を決めてからだと効率的

飲む

1人暮らしの人が実践できる飲み水の調達方法や、おすすめの飲み方について紹介しました。

お店の調達方法はいくつかありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

コスト・安全性・利便性など、自分が何を優先したいかによって、最適なお水の調達方法は変わってきます。

あらかじめ自分が優先したいことは何かをまとめておくことで、効率的に最適な方法を見つけることができるでしょう。